株式会社鈴音

霧笛楼事業部

霧笛楼事業部

  1. Home
  2. 事業案内
  3. 霧笛楼事業部

mutekirobrand_logo

仏蘭西料理の伝統を大切に温め、新しい文明を柔軟に受け入れてきた横浜。その土地の風土・人・街の影響を感じ取り、丁寧に創り上げられた霧笛楼の横浜フレンチ。おもてなしの心でホスピタリティあふれるサービスを心掛け、ご来店いただく皆様に「大切な人生の一幕の舞台」として当店をご利用いただけることを心から願ってやみません。

鈴音今昔物語

1981霧笛楼は港町横浜に誕生しました

創業者鈴木音吉

1981年、横濱元町に『仏蘭西料亭霧笛楼』を開店。
店名は、作家大仏次郎の小説「霧笛」に由来。明治の開港時代、中華街より元町に通じる前田橋から眺めた百段坂周辺が、小説「霧笛」の舞台となりました。
この急勾配の階段坂は関東大震災で倒壊してしまいましたが、現在この左手に「仏蘭西料亭霧笛楼」があります。
フランス山から外人墓地を下り、代官坂近くの元町通りから1本入った仲通りに、静かにたたずむ洋館。東洋と西洋の風が吹き抜けた港町横浜の風土を存分に享受し創り上げられる霧笛楼の味わいは、そのすべてがレストラン・パティスリーに活かされ、訪れる人々に親しまれています。


  • 仏蘭西料亭霧笛楼レストランページへ
  • オンラインショップサイトへ
  • 代表ご挨拶
  • 採用情報


ページトップへ戻る